飲む日焼け止めを飲めば、塗る日焼け止めは必要ないの?

塗る日焼け止め

昨年から、飲む日焼け止めが注目を集めていますね。

飲む日焼け止めと呼ばれるサプリメントにはメラニンを排出する、又はメラニンの生成を予防する成分が含まれております。

「全身の日焼け予防に効果あり」

などと書かれている商品ですが、

塗る日焼け止めは必要はないのでしょうか?

今回は、飲む日焼け止めを飲めば塗る日焼け止めは必要ないの?

について検証してみたいと思います。

飲む日焼け止めのメリットデメリット

飲む日焼け止めのメリット

  • 全身に効果がある
  • 塗りムラの心配がない
  • 塗り直しの必要がない

飲む日焼け止めのデメリット

  • 紫外線が肌に当たること自体を防ぐことはできない
  • ピンポイントに攻めることはできない

飲む日焼け止めは、受けたダメージを少なく抑えることが期待できるアイテムです。

「飲む日焼け止めを飲めば、塗る必要はない」ということではなく、

日焼け止めクリームを塗る。日傘をさす、UVカットの上着を着る。など、紫外線を受けないための対策は併用していただくことをおすすめしたいです。

塗る日焼け止めのメリットデメリット

塗る日焼け止めのメリット

  • 肌を紫外線ダメージから事前に守ることができる

塗る日焼け止めのデメリット

  • 肌が弱いとかぶれたりする原因になる
  • 塗りムラ、塗り忘れの可能性がある
  • 塗りにくい場所がある
  • 全身をカバーするのは難しい

塗る日焼け止めは、紫外線が強い季節の予防として一般的で、強い味方ですよね。

「塗る日焼け止めさえ塗っていれば大丈夫」

これも間違いです。

特に最近の日焼け止めクリームは、ベタベタせず、色もつかず、どこに塗れているのか自分でもよくわからないことも多いです。

首の後ろや、背中など、自分では塗りずらいけれども紫外線に当たる場所もあります。

特に紫外線の気になる時期にはもう一つ予防対策をしておきたいように思います。

シミを消したい|飲み薬と塗り薬どちら効果的?メリットデメリットを解説

結論:それぞれのデメリットを補う形で併用するのがおすすめ

併用することのメリット

  • 何度も日焼け止めクリームを塗り直す必要がなくなる
  • 受けてしまった紫外線のダメージを内側から減らすことができる

日焼け止めクリームは、汗をかいた時、水に浸かった時などで落ちてしまい、その度に塗り直す必要があります。

何度も肌に塗りこむということは、シミやしわのリスクを増やすことにもつながります。

併用することでご自身の手間、肌へのダメージを減らすことができます。

また、飲む日焼け止めは内側からメラニンの生成を抑えたり、黒色メラニンを排出する働きをします。

日焼け止めクリームは紫外線予防飲む日焼け止めはメラニン予防

Wで対策することで、より美白、シミのない肌を目指していけるはずです!

飲む日焼け止め(美白サプリ)の仕組み

仕組みを復習しておきましょう。

飲む日焼け止め、美白サプリと2通りの呼ばれ方がありますが、使い分けにルールはありません。

フェーンブロックやニュートロックスサンが含まれる、肌のバリア機能を高めるものを”飲む日焼け止め”

エルシステイン 、ビタミンCなどを含む、ターンオーバーを正常化し、受けたダメージを軽減させるものを”美白サプリ”と呼ぶことが多いです。

どちらも日焼け、日焼けダメージを減らす効果を持つものです。それぞれの成分について解説したいと思います。

L-システイン

体内にも存在するタンパク質のひとつ。皮膚や爪、髪の毛に多く存在しています。

食物では、お麩、鰹節、しらす干しから摂取することができますが、それだけではなかなか十分な量を確保することができません。

黒色メラニンの発生を抑制し、シミを防ぎます。

また、アルコールを分解してできるアセトアルデヒドと反応して無毒化する働きがあるため、二日酔い予防の薬にも配合されています。

肝機能のサポートの働きもあるため、内臓疾患からくる顔のくすみにも効果が期待できます。

ビタミンC

美白有効成分として有名なビタミンCですが、どのように効果を発揮するのかをご存知ですか?

ビタミンCには「メラニンの生成を抑える働き」があります。

チロシンという物質があり、紫外線やストレスなどの刺激を受けるとチロシンがチロシナーゼによってメラニン色素に変化します。

ビタミンCはこのチロシナーゼを抑制する働きを持つため、メラニン色素を作らせず、シミを予防することにつながります。

化粧水のキャッチコピーとしてうたわれている、「美白」の意味は、このシミを予防する働きを指しています。

上限は2000mgで考えていただくと良いです。普段の食事からの摂取も加味して計算しましょう。

ビタミンE

ビタミンEは黒色メラニンを排出する働きをします。できてしまったシミに効果を発揮する栄養素です。

L-システイン・ビタミンCの働きをサポートする役割もあり、相互に良い影響を与えます。

アスタキサンチン

ビタミンCと同様に抗酸化作用のある成分です。

紫外線の影響で体内に活性酸素が発生します。その活性酸素を抑える作用がアスタキサンチンはビタミンCの6000倍とも言われています。

ある研究では、アスタキサンチンを摂取することで体内でのメラニン産生作用が20パーセント減少することが結論されています。

シミだけでなく、シワ、肌荒れにも効果があると言われている、注目の成分です。

フェーンブロック

フェーンブロックとは、シダ植物の抽出物、PLエキスを多く含む成分です。

古代から、日焼け止めとして服用していたと言われており、光老化予防にも効果があると言われています。

フェーンブロックには4つの作用があり、日焼け、シミケア、さらには皮膚ガン予防にも効果が期待されます。

アレルギーの起こりやすいシダからの抽出成分であるため、花粉症をお持ちの方は服用にご注意ください。

シダ 画像フェーンブロックとは?安全?おすすめサプリメントをご紹介

ニュートロックスサン

『ローズマリー』と『シトラス』から抽出された、植物由来の複数のポリフェノールのことをニュートロックスサンと呼びます。

スペインで長年研究された成分で、抗酸化作用により活性酸素を減らし、シミの原因を減らします。

ホワイトヴェールの主要成分がこちらのニュートロックスサンです。



徹底的に、内側からも外側からも紫外線対策を

美しい肌を保っている50代女性に、

「どうしてそんなに綺麗なんですか?」

と聞いてみました。

すると、

「徹底的に紫外線対策をしている」

という答えが返ってきました。

やはり、徹底的にが必要かと思います。

日焼け止めクリームさえ塗っていれば大丈夫。と考えず、塗りムラ、塗り忘れの時のために内側からのケアを取り入れるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください