飲む日焼け止めの副作用、安全性|効果がない!?噂の信義を検証

悩む人

飲む日焼け止め、口に入れるものに関しては『副作用がないのか?』『体に悪いものは入っていないのか?』不安になりますよね。

今回は飲む日焼け止めについて、ネット上で様々言われている”噂”。副作用や効果についての真実を追求してみたいと思います。

今飲む日焼け止めを探している方の助けになれば幸いです。

シミ、そばかすに効く飲み薬(医薬品)ランキングBEST5

飲む日焼け止めの仕組み

haru

塗るのは分かるけど、どうして飲むだけで日焼けを防げるの?

飲む日焼け止めとは、L-システイン、ビタミンC、ビタミンE、フェーンブロック、アスタキサンチンなどの抗炎症成分、抗酸化成分を内側から摂取することで日焼けを予防、日焼けダメージを軽減するものです。

配合成分は様々で、販売形式も「美容補助食品」「栄養機能補助食品」「医薬品」と様々です。

塗る日焼け止め、UV日傘、UVウェアなどで紫外線を予防しても、

  • うっかり塗り忘れ
  • 塗りムラ
  • 見えない場所の日焼け

に悩まされる方、多いと思います。

内側からのケアをプラスすることで強い紫外線を全身ブロック

新しい紫外線ケアの定番アイテムとして話題となっています。

飲む日焼け止めの有効成分

  • アスタキサンチン
  • L-システイン
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • フェーンブロック
  • ニュートロックスサン

どれも食事からも摂取、もしくは摂取したものを体内で分解することで補給することができる成分です。

成分が体内で黒色メラニンの排出を促したり、細胞が壊されるのを防いだりしてくれます。

つまり、紫外線が肌に当たるのを防ぐのではなく、受けてしまったダメージを減らし、シミとして表出するのを防ぐ役割をしています。

シダ 画像フェーンブロックとは?安全?おすすめサプリメントをご紹介

飲む日焼け止めに副作用はある?

飲む日焼け止めの製品としての区分は3種類あると先述しました。

副作用のリスクは製品区分で大まかに確認することができます。

医薬品だから危険ということではありませんが、リスク区分の目安としてご確認いただけたらと思います。

名称副作用リスク概要
美容補助食品副作用リスク低め美容に効果があると国が正式に定義したものではない。

一般的に美容の印象がある商品に名付けられる呼称。
栄養補助食品副作用リスク低めかつて、「健康食品」に係る制度の見直し(平成16年)以前によく使用されていた名称。

平成12年頃は、栄養成分を補給し、または特別の保健に関する用途に資するものとして販売される食品のうち、錠剤、カプセルなどの食品の形状を有しないものをさしていました。

が、現在国が制度化、定義しているものではありません。
栄養機能食品副作用リスク低めからだの健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分の補給・補完を目的に利用する製品。

12種類のビタミン、5種類のミネラルの含有量が国の基準を満たしている製品には、定められた栄養機能表示をつけ、にへの届け出や審査を受けなくても販売することができる。
医薬品副作用リスク高め

※ただし、第3類医薬品はその中でもリスク低め
医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。 使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある。

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」で規定されており、国の認可を得たものしか販売することができない。

また、販売には登録販売者、薬剤師の設置が義務付けられており、インターネット販売も認められているが、規定の時間、資格者が対応できる状況を用意する必要があります。

医薬品(L-システイン)の副作用

皮膚・・・発疹
消化器・・・吐き気・嘔吐、腹痛

医薬品には、必ず副作用についての記述がされています。

その他にも、糖尿病の方が服用すると悪化する場合がある。という論文がありました。

心当たりのある方は服用をやめておいた方が良いでしょう。

栄養機能補助食品、美容補助食品の副作用

これらに配合されているものについて、副作用のリスクは低いと言えます。

ただし、副作用にはアレルギーなども含まれ、『全く起こらない』とは言えません。

飲む日焼け止め|効果なしっていう噂は本当?

『飲む日焼け止めは飲んでも意味ない』

いろいろ検索していると、こういう情報が出てきて悩みました。

結論:効果はある

が、効果が出るまでの期間、効果の出かた、何を目的としているかの前提条件などなど

人によって様々なので、『購入してよかった!』という方もいれば、『全く効果を感じなかった』という人もいらっしゃるのだと思います。

飲む日焼け止め|良い口コミ

口コミ

ズボラな私でも継続して服用ができています。

最初はラジオのゲストの方がおすすめしているのを聞いて購入しました。

飲み始めて4ヶ月、肌の色もワントーン明るくなってように思います。

今年の夏は飲む日焼け止めプラス塗る日焼け止めでしっかりカバーしたいです。

口コミ

40代になってかなりシミが目立つようになってきました。

大きなシミをなんとかしたくて飲み始めましたが、消えはしないものの、薄くなってきている気がしています。

ビタミンC、アスタキサンチンなども含んでいるものを飲んでいるためか、美白だけではなくハリが出てきて若返ったようにも思います。

口コミ

日焼け止めクリームをいつも塗りそびれてしまうので、サプリメントに切り替えてみることにしました。

朝食後、昼食後に服用しているので急に家の外に出ても、洗濯物を取り込む時も、『あ!!』とならずに済んでいます。

うっかりを防ぐためにこれからも継続していきたいです。

飲む日焼け止め|悪い口コミ

飲み始めて2ヶ月目です。効果を感じられません。

飲む日焼け止めを飲んで1日散策をしたのですが、普通に焼けました。

シミを消したくて購入。薄くなっている気がするけどまだまだ目立ちます。

思ったほど効果はないのかな。と感じています。

飲む日焼け止めおすすめアイテムBEST3

日本製、配合成分の内容、企業規模などから安心しておすすめできる飲む日焼け止めについてランキングを作成させていただきました。

お試し購入もできますので是非ご覧になってみてください。

SIMIホワイト

※Amazonでの販売はしていません。

SIMIホワイトは内側から紫外線ダメージを減らす作用に優れています。

L-システインを最大量配合、そしてビタミンC、ビタミンEが相互に作用しシミを作らせず、シミを排出します。

ヘリオホワイトとの併用もOK。

おすすめ日焼け止めサプリ、美白ケアサプリです。

ビーグレンの姉妹ブランドから誕生

有効成分L-システイン最大量配合

SIMIホワイトレビュー【口コミ】ビーグレンSIMIホワイト効果なし?元美容部員が実際に購入レビュー

マスターホワイト

※Amazonでの販売はしていません。

『30代からの紫外線ケア』がコンセプト。

透明感を導き出すため、エイジングケア&美白ケアに有効な成分が両方配合されています。

セラミド、ビタミン C、E、L-シスチン、アスタキサンチンなど、効果を求めたこだわりの設計となっています。

1ヶ月分の価格が10800円と少し割高ですが、今なら初回980円でお試しができるそうです。

初回980円からお試しできる

先着100名様限定価格

ホワイトヴェール

ホワイトヴェール

美容家MIKAさんがプロデュースする、美白サプリ。

飲む日焼け止めサプリとしては特に有名だと思います。

主要有効成分はニュートロックスサン。

他にもリコピン、プラセンタ、ザクロエキスなど、美容に良い成分がたっぷり配合されています。

美しい透明肌を目指すために一押しのサプリメントです。

美容家MIKAさんプロデュース

ニュートロックスサン・日傘サプリ

 第1位第2位第3位 
製品名SIMIホワイトマスターホワイトホワイトヴェールヘリオホワイト
画像ホワイトヴェール
リンクボタン公式ページはこちら公式ページはこちら公式ページはこちら
有効成分L-システイン:240mg
ビタミンC
ビタミンE
L-システイン
アスタキサンチン
ニュートロックスサンフェーンブロック
効果紫外線予防
紫外線ケア
紫外線予防
紫外線ケア
紫外線ケア紫外線予防
飲みやすさ
価格
料金通常:5378円
定期初回:2368円
通常:10800円
定期初回:980円
通常:7560円
定期初回:2480円
2592円
1日あたり(通常価格で算出)173円360円252円86円
定期縛りなしなしなしなし
特徴無料でQusomeホワイトクリーム1.9がついてくる!エイジングケア&美白ケアが同時にできる美容家MIKAさん監修Amazonで購入できる
できてしまったシミを消したいあなたへ、効果的な対策10選 シミを消したい|飲み薬と塗り薬どちら効果的?メリットデメリットを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください